Juzablog

戎三郎ミエラ(渡辺順一)のblogです。
渡辺主催のリーフファイト大会の告知等もこちらで行っています。

戎三郎ミエラ、渡辺順一へのメッセージでblog内の記事に関連しないものがありましたら
右欄下LINKSにある「コメント用記事」へコメントする形で寄せていただければありがたいです。
 
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
ARCHIVES
 
過去に想いを 現在にLOVEを 未来に夢を 

HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!
 

10数年このblog運営してきて今更だけど、「9月5日」カテゴリーを作ってみた。

毎年見返すのに一々たどってたけど、これでまとめて振り返れる。

 

現在進行形で何か動きがあるでもないし、四六時中彼女のことばかり考えているでもない。

この日にかこつけて滅多に聞かなくなった歌を聞き返したりして想いを馳せている。

それは誕生日を祝うというよりも命日に故人を偲ぶ感覚に近いのかもしれない。

同じ次元に存在しない相手に向ける想い、というところでも。

 

英語の「I LOVE YOU」は「愛してる」ではなく「大好き」と訳す方が正確だ、

といった内容の記事を最近ネットで見かけた。

「未夢大好き」がLOVEに転じて「戎三郎」と名乗ってる身としては得心のいく話。

 

未夢の名前の由来について、

ゲーム版の特典CDドラマでは「未来に夢を託す」という意味を込めて

父が付けてくれたと語られている。

託す先の未来を信じられず、そも託す夢を持っているのかすら怪しい自分だけど

だからこそ「未来の夢」に惹かれるのだろうか。

 

 

 

 

愛の大きさ 愛のカタチ

HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!
 

去年「IPでデレステみたいなゲームができたら」てなことを書いたけれども、

実際そうなった場合に、自分は廃課金プレイヤーになれるのだろうか。

今のデレステのシステムに合わせて考えるなら、

限定未夢のガチャが来た時に数十万注ぎ込んでスタラン20を作ったりできるのか。

 

多分そうはなれない・できないんじゃないだろうか。

単純に現在の収入・貯蓄が足りなくてそれだけの金額を用意できないから、

というのが大きいけど、その事実よりもそれを理由にしてしまうことが

一番自分に「足りない」ところなんだと思う。

 

収入・貯蓄が少ないなら増やせばいいのであって、

もっと収入の良い職に就くために活動・研鑽するだとか、

日々の節約を心掛けるだとか、利殖を検討するとか、

手持ちのものを売りさばくとか、やった方がいいことはいくらでもある。

でもきっとそれをやれない・やらない。

 

「愛が足りない」という表現があるけど、そういう意味では

自分の未夢に対する愛は足りてないと思っている。

それでもこうして誕生日を祝ったり想いを書き連ねたりすることで

足りなくとも愛はあると示し続けたい。

スーパー普通の女の子

HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!
 

とうとうIP2の舞台設定年・2016年を迎えて、来年からはIPより未来を生きることになってしまう。

そんな年まで戎三郎ミエラは生きていてまだIPの話をできている。

信じる未来もなくて色々な意味で時は止まってしまっているとしても。


タイトルはOVA3巻で未夢がぱるぷりんスーツで変身するときのセリフから。

「スーパー普通の女の子・みむりん参上!」

ただこの変身シーン、未夢が裸になるのでそこがどうにも引っかかってしょうがなかった。

当時交流のあった同人サークルさんにもその辺りを愚痴ってしまうくらい。

(IPの一般向けで凄くいい本を作っていたサークルさんでファンレター出したりするくらいでしたが、

IP以外のジャンルで成人向け本出される時にこちらが失礼な発言してしまって疎遠になってしまいました)

何年か前にも書いたけど未だに未夢と美樹原さんに関してはエロは受け入れられなかったり。

最近だと島村さんや小日向美穂は成人向け見たくない感じ。

で、タイトルに戻って「スーパー普通の女の子」と言えば島村さんかなあと。

他のキャラ付けが殆どなくて純粋にアイドルを目指している女の子がやっぱり好きなんでしょう。


IPのキャラと歌でデレステみたいなゲームがやれたら最高なんだけど。

デレステの3属性で言うと未夢は勿論キュート、紫音はクール、ぱるぷはパッションで確定。

コルベットとルカはキュートになるかなあ。レイラはアニメだとパッションっぽいけどゲームだとクールな感じ。

エクストラはまあパッションで。チェルシィは南国系な所はパッションイメージもあるけどクールかな。

3:2:3でバランス取れてるか。クールに1人足すならユリーだけどユリーはトレーナーポジションに置きたい気も。

IP1のありさならクールでもいいんだけどIP2だとちひろポジションなんだよなあ。

ちひろポジションはバイトキャラに譲るか。常務ポジションは沙織だろうなあ。

・・・思ったより楽しい妄想になった。

 

スパロボ的に往年のアイドル作品大集合なゲームとか出ないかな
HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

IPの舞台設定年である2015年に、アイマス・ラブライブ・WUG・アイカツ等々
アイドルもののゲーム・アニメがこんなに話題になっているというのは複雑な気分。
IPが早すぎたのか、或いはこれらの作品の礎になっていたりするのか。
まあアイドルもの自体は記憶の限りでもクリィミーマミの頃からあるわけで、
礎というよりは流れの一つでしかないのかもしれないけど、
アイドルが主人公1人だけでなくに仲間として複数の個性的なアイドルが登場している辺りは
先に挙げた作品群に繋がってたりしないかな、とは思う。
・・・ハミングバードとかを連想する人の方が多いんだろうか。

ちなみに現状のアイドルものに対してのスタンスだけれど

アイマス・・・
ゲームはPSP版のみプレイ。複数キャラクリアしたり課金アイテム買ってみたりする程度には遊んだ。
アニメは最初の数話見たけど、どこに軸を置いて見ればよいのかわからなくて視聴中止。
SSはたまに読む。

ラブライブ・・・
アニメ未視聴。スクフェスも未プレイ。SSも読まない。

WUG・・・
アニメは1話か2話見て、やろうとしていることには興味があったので見続けようと思っていたけれど、モチベーション上がらなくて視聴中止。SSも読まない。

アイカツ・・・
アニメは最初の数話友人宅で視聴してそれっきり。アイカツおじさんにはなっていない。SSも読まない。

じゃあアイドルもの全然見てないのかというとそういうわけでもなく、

デレマス・・・
アニメは1期から欠かさず生で視聴する位ハマっている。お気に入りは島村さん。やはり正統派アイドルは良い。
本家のゲームこそプレイしていないものの、つい先日配信された音ゲーは初日から遊んでいる。
SSに至ってはアニメが始まる前から読み漁っていたりする。

上の4作品とデレマスでこれだけ自分の中で対応が違ってる理由って、
結局のところキャラデザが自分の好みに合うかどうかが大きなところで、
それがストーリーとかよりも見るモチベーションに直結してしまう。
IPもキャラデザが違っていたら同じ内容でもここまで大好きになっていなかったかもしれない。
止まない妄執
HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

歌を聞き返したり、ネットで画像検索したりして、無性に切なくなる。
思春期を引き摺っているのか、そもそも思春期なんてものががあったり終わったりしてるのかもわからないけれども。

前の自室にはIPのポスターを数枚貼っていて、携帯の待ち受けもそのポスターの1枚を撮影したものにしている。
今の自室にはシャルのタペストリーを四方に吊るしている。ポスターがタペストリーに変わっているのは時代の流れっぽい。
今シャルロットに萌えているのは確かだけれども、10年20年後に見返して切なくなるような気はしない。
どちらかというと1枚だけポスターを貼っている(むしろその1種類以外のポスターを知らない)佐々木の方が切なくはなりそう。
かのんちゃんのポスターもあるけどかのんちゃんはどうだろうなあ。
佐天さんはポスターとか貼ってなくてスキャナーの天板にステッカー貼ってるくらい。佐天さんも切ないではないかな。
というか佐天さんの場合スリーブで使いまくってるのでカードゲーム続けてる限り日常だなあ。

来年はゲーム版IPの時代設定である2015年。この年に36歳になるのも運命的だなあとか思ってみる。



 
Vitaでステアを聞きながら
HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

時々「アイドルプロジェクト 未夢」とかでググるのだけど、最近は「〜アイドルプロジェクト」という企画が乱立してて引っかかってしまう。

アイマス・モバマスとかラブライブとか流行ってるこのご時勢、IPとのクロスSSとか誰か書いてくれないかなあと思う。ニコ動でアイマスキャラでゲーム版IPみたいの見つけたけど更新止まってるし。大体こういうこと言ってると「自分で作れ」と言われてしまうんだよなあ。

IP以降でドハマリしてる作品・キャラは色々あるけれども、誕生日に制作会社へプレゼント贈ったりケーキ用意したりしたのは後にも先にも未夢だけ。だから戎三郎ミエラは今もここにいます。
IPが今の時代に出てたらいくらでも搾取されただろうに
  HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

今日帰りの電車で「LFやってて良かった」的な話をしたのだけど、
LFにしろIPにしろ、中学時代の友人がきっかけでハマったものなので
今では没交渉になってしまったその友人には感謝してもしきれないなと思う。
他にもウイニングポストとか銀英伝とかも競馬好き・ラノベ好きのルーツに
なっていそうだし、思い起こしてみると彼の影響は本当に大きいな。

(社会人として)余命4ヶ月の身となった今でも
20年近く前のゲーム・アニメのキャラの誕生日に拘って何かやってる、
そんな世界線をなかったことにしたいとは思わない。
年に一度いたくなる日
 HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

日が変わる前に家に帰れなかったので投稿日時は捏造。どうせ捏造するならこの時間で。時限投稿とかあればそれで更新すれば良かったのだろうけど。

3日に久しぶりにカラオケしたところ、
『Horizon』・・・1位/1人
『誰のせいでもない二人』・・・1位/1人
『ハチミツ』・・・1位/1人
『真珠色ロマンス』・・・1位/1人
月が変わったばかりでランキングがリセットされたからとかとは思うけど、なんだかなー。

1クール深夜アニメでIPリメイクされないかなと思いもするけど、
それはそれで萌えるよりイメージ壊されてしまうんだろうか。
今でも携帯の待ち受けは彼女
 HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

どれだけゆっくりしていようとも、佐天さんが可愛すぎて生きているのが辛かろうとも、そこは変わらない。「えっちなのはいけないと思います」だった昔に比べると大分やさぐれてしまったので、フェイバリットなキャラのエロ同人とかも普通に見られるようになったけれども、未夢と美樹原さんはずっと聖域。もう人生の半分以上それで生きてきてる。

最近ときメモ4をやっているので関連のスレとか見たりしてるけど、時々出る1の話題とかでどうも美樹原さんの評価が芳しくない。髪型とか他キャラ攻略の邪魔になる(大体バレンタインに詩織が連れてくる)とか番長戦で逃げるとかが不人気の理由にあるようだけど、好きな身としてはそういうところも愛らしいわけで。髪型は前髪切り揃えと編みを兼ね備えていて素敵だと思うし、1のカラフルな髪のヒロイン達の中であの落ち着いた色は心が和む。自分の求めているステータスが高いからとかでなく主人公に好意を抱いて登場するというのも好感が持てるところ。番長戦で姿を隠すのだって一緒に戦うよりはか弱い女の子の反応としてむしろ普通だろう。もう昔のように向上委員会とかやる気力はないけれども、自分の好きなキャラが人気ないのは悔しく感じるタイプなので、好さをわかって欲しいなあとは。

今日は帝國メイド倶楽部だったけど、結局一般参加もしなかった。ハマったり萌えたりしていたものに飽きたりさめたりすることがあるのは普通なのかもしれないけど、なるべく変わらず痛いとは思う。誤変換だけどこれであってるような気がする。
自分のより大事な誕生日
HAPPY BIRTHDAY TO MIMU!

というわけで久しぶりにヒトカラ行って未夢の歌を歌ってきた。残念ながらまだ「Star nights,star days」は配信されてなかったけれど、これまで入っていた4曲を一通り。「melody」「誰のせいでもない二人」も歌って満足。今回全国採点を初めてやってみたのだけど、やはり歌ってる人が少ないのか、よくても90点くらいなのにトップとかベスト3になってしまう。IDに加えて歌った店名まで表示されるので、見る人が見たらすぐ自分とわかってしまうし、これ知り合いじゃないのかなあっていうのもあったりなかったり。

國府田さん関係以外では昨日映画も見てきたことだしライダーやシンケンジャー、ハルヒやけいおんなどを。けいおんは文化祭の回で止まっていたけど今日最後まで消化したので。あと「まぼろし」歌ったらRePureじゃない方のシスプリの映像が流れて、改めてああやっぱり自分はこういうの好きなんだなあと再認識したり。ラスティに萌え萌えな今なら衛や鈴凛もアリなのかもしれない。

昨日見てきた映画、ディケイドは話もバトルも面白かった。特にラストバトル。途中出てきた新ライダーのWはやっぱり微妙だと思うが、TVで見続ければ評価も変わるんだろうか。シンケンジャーは悪くなかったけど短かった。馬で突っ込んで武器振り回して大軍蹴散らすシーンは無双にしか見えなかったので是非ゲーム化していただきたい。

IP絡みのニコニコ動画でも貼り付けたいところだけど、どうもロリポップはそういうのに対応してなさそう。まあ自分も貼ってある動画あまりクリックする方ではないし、興味のある人は検索で自分で見つけてるだろうという気もするのでよいか。